料理

甘酒の作り方!米麹で炊飯器や魔法瓶・ヨーグルトメーカーで簡単に!人気アレンジレシピも!

投稿日:


甘酒が“飲む点滴”と呼ばれているのを、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?なぜ点滴なのかというと、甘酒が点滴に匹敵するほどの高い栄養価があるからなのです。

疲労回復や免疫力アップなどの健康サポートだけでなく、ダイエットや美肌などの美容効果も期待できる甘酒をご家庭で楽しむために、簡単で美味しいレシピを集めてみました!

甘酒のいろいろな作り方!

発酵食品である甘酒を作るとなると、たくさんの手間と時間をかけるというイメージがありますよね?

ですが、ご家庭にある調理器具を使うと手間ひまかけず、簡単に作れてしまいますよ!

米麹と炊飯器でつくる方法

まずは、どのご家庭にもある炊飯器を使ったレシピをご紹介します!

①米こうじで作る本格的 甘酒

(出典:https://cookpad.com/recipe/1584029)

炊飯器の保温機能を使えば、温度計を使わずに完成!

→レシピはこちら!

②手づくり甘酒 麹とご飯と炊飯器で簡単!

(出典:https://cookpad.com/recipe/4266438)

白米の代わりに玄米でも作れる、ヘルシーさを追及したレシピです。

→レシピはこちら!

米麹と魔法瓶でつくる方法

電気代0円!混ぜるのも簡単!魔法瓶を使ったレシピのご紹介です。

①米麹で作る本格『甘酒』

(出典:https://cookpad.com/recipe/2101901)

とにかく放置!もち米レシピもおすすめです。

→レシピはこちら!

②魔法瓶で簡単楽チン 米麹甘酒

(出典:https://cookpad.com/recipe/3782954)

お湯を小分けにして注ぐのが成功の秘訣!甘めでおいしいレシピです。

→レシピはこちら!

米麹とヨーグルトメーカーで作る方法!

ヨーグルトメーカーがあれば、面倒な温度管理も不要。失敗なく作れるので、お持ちの方はぜひお試しください!

①自家製 甘酒(ヨーグルトメーカー)

(出典:https://cookpad.com/recipe/4425464)

発酵後に冷蔵庫で3日寝かせると甘みがアップ!時間をかけるほど美味しく飲めるレシピです。

→レシピはこちら!

②玄米甘酒(ストレート)

(出典:https://cookpad.com/recipe/2211420)

ヨーグルトメーカー×玄米のレシピ。割らずにストレートで飲める、栄養満点の甘酒が作れます。

→レシピはこちら!

甘酒のおすすめアレンジレシピ!

続いて、甘酒を使ったアレンジレシピをご紹介します。美味しくて栄養たっぷり。子供から大人まで楽しめる甘酒レシピをぜひお試しください!

麹からあげ

(出典:https://cookpad.com/recipe/4244634)

一晩寝かせるのがおすすめ。下味しっかりの鶏肉が、麹パワーで柔らかジューシーに!

→レシピはこちら!

ふっくら柔らか さわらの甘酒漬け焼き

(出典:https://cookpad.com/recipe/2878071)

ふっくらと上品な焼き魚のレシピです。旬のお魚がより美味しく食べられます。

→レシピはこちら!

甘酒でかぼちゃの煮物

(出典:https://cookpad.com/recipe/3864770)

砂糖不使用!ほっくり優しい甘みのレシピです。

→レシピはこちら!

毎日の健康に!豆乳甘酒

(出典:https://cookpad.com/recipe/4479202)

イソフラボンたっぷりの豆乳で割れば、女性に嬉しい甘酒ドリンクの完成!

→レシピはこちら!

甘酒ココア

(出典:https://cookpad.com/recipe/4269370)

純ココアで作るので甘さは控えめ。甘酒の甘みを活かした優しい味です。

→レシピはこちら!

甘酒とヨーグルトのアイスバー

(出典:https://cookpad.com/recipe/3999169)

見た目にも美味しい、甘酒とフルーツの甘みで作るアイスバー。子供も喜ぶ、夏にぴったり涼感おやつレシピです。

→レシピはこちら!

甘酒 レアヨーグルトケーキ

(出典:https://cookpad.com/recipe/3694865)

レアチーズよりさっぱりしているので、夏のおやつにおすすめ。ゼラチンで固めるのでとっても簡単。

→レシピはこちら!

レンジで甘酒入りおからのケーキ

(出典:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1700012487/)

ダイエット中でも安心!甘酒×おからのヘルシーさを極めたケーキレシピです。

→レシピはこちら!

まとめ

甘酒は、今やどのスーパーでも手に入りますが、簡単に作れることも魅力的ですよね。もち米や玄米に変えたアレンジ甘酒も気になるところ。自分好みの甘酒を作るのも楽しそうですよね。

ですが、中には発酵食品である甘酒独特の風味が苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

下処理や砂糖代わりの調味料として使用すれば、甘酒のクセを感じずに食材の美味しさを引き出せて、なおかつ栄養抜群のお料理ができるのでぜひ挑戦してみてくださいね!

栄養満点の甘酒を取り入れて、美と健康を保つ食生活を心がけていきましょう。

-料理

Copyright© lansfactory , 2017 AllRights Reserved.